読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

futurebase’s diary

おもしろいもの、役に立つものを仕事にしたい系ベンチャー企業のブログです。

ビジネスマナー備忘録~名刺編~

スーツは楽しいコスプレだと自分に言い聞かせて着るのです。

お久しぶりのブログ更新になります。

連休明け初日の昨日、聖はそわそわしておりました。

初の他社様へのご挨拶だったのです。

着慣れないスーツを身にまとい。初めての名刺交換に挑みます。

というわけで、今日は名刺交換に関するお話。

検索すればたくさん出てくるのですが一緒にマナーのおさらいをしましょう。

まずは、流れから確認。

1、名刺の準備

名刺は名刺入れにて管理します。

名刺交換の前にすぐに取り出せるようにしておきしょう。

2、自分の名刺を差し出す

名刺の向きは相手に向けて、会社名・部署名・フルネームを名乗りながら差し出します。

3、名刺を受け取る

相手の名刺を両手で受け取ります。この時に相手のお名前を確認します。

4、名刺入れの上に名刺を置く

受け取った名刺は机の上の見やすい位置に、名刺入れを座布団にして置きます。

5、名刺をしまう

商談が終わったら忘れずに名刺を名刺入れにしまいます。

と、まあ流れ自体は簡単なのですが。調べてみると実は意外と落とし穴が多いのです。

例えば。。。

  • ポケットやお財布から直接名刺を出さない。必ず名刺入れを使用する。
  • よれよれの名刺、折れ曲がっている名刺、汚れている名刺を渡さない。
  • 名刺をテーブル越しに渡さない。着席していても、立ち上がって行う。
  • 目下あるいは訪問者の方から名刺を差し出すのが基本。
  • 同時交換の場合は例外として「右手で差し出す、左手で受け取る」。

などなどなどなど。。。

(聖はこういった堅苦しいルールが大っ嫌いです。)

これだけ調べておけば大丈夫だろうと思っておりましたが。

いざ本番となると、やはり勝手が違いました。

交換のタイミングは逃してしまうし。荷物は持ちながらになってしまいますし。

実際のところ、人によって名刺の渡し方も色々ですし。

細かいことよりも、初対面の方と面と向かって話を作ることの方が大切だったり。

そんなことを思いました。

しかし、印象はお金で買えませんから、マナーは知っておいて損はなさそうですね。

いい勉強になりました。

それでは。

聖。